家庭菜園-夏-なす

なす果菜類《ナス科》原産地:インド東部
漬けて、焼いて、炒めて、煮てよし。 揚げ物、生食にも向く、多くの用途がある野菜。在来の地方品種が多いのも楽しみ。
栽培カレンダー
栽培のポイント
  • 生育適温は夜温で15~18℃。10℃以下では成長が著しく悪くなる。昼温は28~30℃でよく育つ。又、乾燥を嫌うので、敷きわらとかん水をする。
  • 高温を好むほうなので、早植えは禁物。5月の連休後の方が遅霜の危険が少ない。
  • 日照不足は果実の着色不良となるので、込み合った葉を取り除き、果実に光を当てる。
  • 肥切れをさせない。又、初期の樹勢を強く育てる。
成功のポイント!
ナスの根は深く伸びるので、元肥は畝の中心へ深めに有機質肥料(油粕、有機配合など)を多めに施しておく。
作り方
育苗
  • は種:
    • 穂木(千両二号など)は、トロ箱などの育苗箱に5cm間隔に条を切り、2㎝間隔で種をまく。台木(赤ナスなど)は、穂木より少し大きく育てる。それぞれ覆土後、十分かん水する。台木は、本葉が1~2枚の頃に3号ポットに鉢上げする。
  • 接ぎ木:
    • は種後35日頃(台木は本葉3~4葉、穂木は本葉2.5~3葉)に割り接ぎを図のように行う
  • 鉢上げ:
    • 接ぎ木後1ヶ月頃に、5号ポットに鉢上げし大苗に仕上げる。
定植
  • うね幅:
    • 120~150cm
  • 株間:
    • 50㎝ 1条植(130~180株/1アール)
  • 定植苗:
    • 1番花が開花直前の苗が良い。(下図参照)
  • 施肥例(1㎡当たり)
    • 元 肥
    • ◎堆  肥:2kg
    • ◎苦土石灰: 100g
    • ◎燐加安14号: 150g
    • 追 肥 神徳特号
    • ◎1回目(定植後20日頃):50g
    • ◎2回目以降(15日おき):50g
  • 整枝:
    • 1番花(果)の着く主枝と、その直下から出る側芽、さらに主枝の1~2番花(果)前後から出ている強い側芽を伸ばして、3本に仕立てる。それより下の芽は早めに摘み取る。
  • 支柱立て・誘引:
    • 栽培期間が長く、草丈も高くなるため、丈夫な支柱を立て、針金を引き、ポリテープで枝をつり上げ誘引する。
  • 敷きわら・かん水:
    • 梅雨明け以降は乾燥防止のため、敷きわらとかん水をする。
  • ホルモン剤処理:
    • 夜温の低い6月中旬までは、結果しにくいので散布するほうがよい。
  • 更新剪定:
    • 7月下旬に主枝1/3~1/2で切る。(良質な秋なすが収穫できる)
  •             病害虫でお困りの際は、お近くのJA大阪北部・購買店舗または能勢営農経済センターへお問い合わせください。