オリジナルレシピ33

大豆とごぼう入りつくね 腸内環境を整える大豆とごぼうがたっぷり!
【材料】4人前
鶏ひき肉…………………………………………………… 180g
豚ひき肉……………………………………………………… 90g
大豆水煮……………………………………………………… 50g
ごぼう………………………………………………………… 50g
玉ねぎ………………………………………………………… 50g
生姜すりおろし…………………………………………… 小さじ1
片栗粉……………………………………………………… 小さじ1
塩…………………………………………………………… 1/4弱
味噌……………………………………………………… 小さじ1弱
酒…………………………………………………………… 小さじ2
醤油…………………………………………………………… 1/4
《たれ》
酒…………………………………………………………… 大さじ1
醤油………………………………………………………… 小さじ2
みりん……………………………………………………… 小さじ2
大葉……………………………………………………………… 8枚
粉山椒…………………………………………………………… 適宜
米油……………………………………………………………… 適宜
①玉ねぎは長さ3cm程度の薄切り、大豆の煮汁は切っておく。ごぼうは調理の直前に短めのささがきにする。  (水に晒さないため、切ってすぐ調理する!)
②小さ目のフライパンに米油を少々引き、ごぼうを手早く炒め油をなじませてから梅酢を数滴垂らし、  蓋をして弱火で蒸し煮し、ごぼうのアクを旨味に変える。ごぼうがしんなりして美味しい香りに変わったら、  玉ねぎを加えさっと合わせ蓋をして蒸し煮し火を通す。火が通ったらバットに開けて冷ます。
③ボウルにひき肉を入れ塩を加えてよく練る。残りの調味料を加えよく混ぜ、  水を切った大豆と②の野菜を加え混ぜ合わせ8等分にし小判型にまとめる。
④フライパンに油を熱し、③を中火で蓋をして両面を焼く。中まで火が入ったら蓋を開け少し火を強め焼目をつける。
⑤④に合わせた《たれ》を加えて強めの中火にし、つくねに《たれ》をからめる。
⑥器に大葉を敷き盛り付け、最後にさらに粉山椒を振る。
 
レシピ考案 さらりごはん 主宰 青木 美加