Category Archives: インフォメーション

おとなの食育 NO.25

「腸内細菌」から創造したい「自然との共生」

 
生命誕生の母はバクテリア

この地球を宿主にするものとして、襟を正しておきたいことがあります。およそ46億年前に太陽や地球が誕生。地球に海が形成され原始生命が誕生したのは38億年前。哺乳類の誕生は2億5千万年前。遥かに下って1700万年前に大型の猿が出現し、直立2足歩行を始めたのは約700万年前。実はこの星の一番最後の新参者がヒトであって、生態系の頂点に君臨するなどと有頂天になっている場合ではないということです。

30億年前、地球に最初に現れた「シアノバクテリア」という細菌が話題に。酸素発生を伴う光合成細菌で、これによって地球上に初めて酸素と有機物が供給され、現在につながる生態系の基礎が築かれたということ。地球には未知のものも含めると3000万種もの生物がいるとされ、これらを育んだいわば生態系の原点であり、生命の母ともいえるのがこのシアノバクテリア(藍色細菌/藍藻)。乳酸菌や大腸菌とも近縁で、ヒトの腸内にも共生し、その仲間は高級食材や健康食品として市販されていたり、窒素固定能の性質から、水田の有機肥料にも用いられているとか。

 
「食物=生物多様性」とホメオスタシス

いかがでしょう、細菌に親近感を覚えませんか?反面、人類の輝ける近代文明は、急激な環境破壊や地球温暖化、異常気象による自然災害や人災ともいえるコロナ禍を招き、レッドリスト(絶滅危惧種)の急増で、生物多様性が危ぶまれています。まさに地球自体の恒常性すら脅かしかねない事態。「天地同根 万物一体」という禅語がありますが、天然資源を食いつぶすだけのこの文明は、いよいよリセットすべきときに直面しているようです。今こそ「自然との共生」を追究し、与えて得る「共存共生」の「生物学的文明論」※1を深化させることが不可欠ではないでしょうか。

新しい生活様式から創造すべきことは、「自然と共生する文明」であり、それは今を生きる私たちに委ねられています。ヒトが絶滅危惧種にならないように、今はとにかく生命力=免疫力を蓄えること!免疫のホメオスタシス(生体恒常性)を高める=「腸内共生菌を育む」ため、梅干、納豆、味噌、漬物、乳酸菌をせっせと摂取!「マゴコワヤサシイ」※2に「五色の食材」と「五味の食効」※3を抜かりなくいただく。質素な和食には「医食同源」の薬膳の知恵が込められています。五目飯、五目ずし、五目そば、五目豆。生物多様性の大事は「食物多様性」の大事。ヒトは天地万物と同源なのです。

※1「生物学的文明論」本川達雄(新潮新書)
※2「マゴコワヤサシイ」マメ、ゴマ、コメ、ワカメ(海藻類)、ヤサイ、サカナ、シイタケ(キノコ類)、イモ。【8月号/おとなの食育(NO.24)】
※3「五色の食材」【4月号/おとなの食育(NO.22)】「五味の食効」【6月号/おとなの食育(NO.23)】参照

 

〈文責〉コピーライター 小山寅哉

「表紙のごはん」食物多様性で免疫力を高める薬膳サムゲタン

各種ローンのご案内

JA住宅ローン

loansimulationマイホームをお考えなら、ぜひJA大阪北部におまかせください。

 詳細はこちら

JAリフォームローン

住宅の増改築・補修、住宅関連設備資金等、リフォーム資金をお考えの方に!

reform 詳細はこちら(拡大する)

JAマイカーローン

自動車・バイクの購入(中古車を含む、但し営業用車両は除く)、免許取得費、車検費用に!

mycar 詳細はこちら(拡大する)

JA農機ハウスローン

農業用自動車の購入、農機具の購入、パイプハウスの建設・資材の購入、農業に関連する倉庫・物置の建設に!

noukihouse 詳細はこちら(拡大する)

ディスクロージャー誌 2020

おとなの食育 NO.24

「腸内細菌」と「免疫」増強食

 

「自然との共生」で生きている

今回の地球規模の感染禍に対し、日本が欧米に比べ桁違いに抑止できた理由として、衛生観念と民度の高さ、静かな自粛など「日本モデル」が注目されています。マスク・手洗い、握手・ハグなどない生活習慣、はては破裂音が少なく飛沫感染を防ぐ言語説まで飛び交った。再流行を警戒しつつ徐々に経済活動も再開し、根本的な原因はいずれ検証されるでしょうが、何よりヒトの「免疫力」に拠ることは明白で、それは国内死者の8割が「70歳以上」というデータからも読み取れます。
 老化に伴い免疫力も低下しますが、着目したいのはコメを粒食する東アジアの食文化圏で感染が低いこと。さらに味噌、醤油、漬物、納豆など発酵食品を常食する。つまり人体最大の免疫機構が腸管免疫であり、腸内細菌との共存関係で成立しているのです。ヒトを宿主とする菌類はおよそ100種、数は100兆個で、その一つ一つにも微生物が棲みつき総数は1,000兆個。「腸内細菌は臓器のひとつ」ともいわれ、ヒトが生きていくのに欠かせないもの。同時にヒトはこの地球を宿主とし、「自然との共生」で生きていることを忘れてはなりません。自然破壊は生物多様性を壊し、人体も傷つけるのに等しいのです。

 

「腸内共生菌」にもっと愛情を

人体に備わった「自然治癒力」とは、細胞の代謝で傷口を治す「自己修復力」、体内のさまざまな機能を統合して一定の秩序に保つ「ホメオスタシス」(生体恒常性)、病原微生物やウイルスなど異物を排除する「自己防衛力」(免疫力)の3つの機能をいいます。特に「免疫の恒常性」が健康のバロメーターとされ重要な役割を担っています。
 免疫力を高め、感染症への抵抗力を養う上でも、腸内細菌のエサとなる植物性食品や発酵食品を毎日摂り、腸内環境を豊かに育むことを強く意識したいもの。梅干もおススメですが、「マゴコワヤサシイ」が簡単でわかりやすい。順にマメ、ゴマ、コメ、ワカメ(海藻類)、ヤサイ、サカナ、シイタケ(キノコ類)、イモ。それと、納豆、漬物、ヨーグルトなど発酵食品の乳酸菌。世界文化遺産にもなった和食はいまこそ、免疫力との関連で改めて脚光を浴びてもいいはずです。

文責〉コピーライター 小山寅哉

腸内細菌は種類や数が多いほど免疫力が高まって、ガンやアレルギー、感染症のバリアに。旬の新鮮野菜と「マゴコワヤサシイ」快食で、腸内共生菌をどんどん増やして快便に!さらに適度の運動と快眠・快笑も心掛ければ怖いもの無し!!

生産者 小笠原忠興さん 徳枝さん 荒木靖枝さん

生産者
小笠原忠興さん 徳枝さん 荒木靖枝さん(池田市)
 
主な取扱商品
玉葱 ジャガイモ サツマイモ クルミ 果物

Q.栽培で気をつけている点はどんなところですか?

A.原始的な方法で環境に配慮した自然農法栽培をすること。農薬や化学肥料等は使わず、
   落ち葉や野菜くずなどを2年程寝かせた自家製堆肥や井戸水を使った安全・安心で
   環境に良い農産物を栽培しています。

Q.農業の魅力、喜びは?

A.お客様に「自然農法で栽培されたここの野菜は美味しい。農薬や化学肥料を使っていない
   ので、子どもに安心して食べさせられる」と言われた時は嬉しかったです。

Q.苦労されることは?

A.自然農法で大変なことは病害虫の防除です。発芽した芽を食べてしまう虫などにより野菜が
   成長しなかったり、成長過程での虫の食害があったりします。その為、虫を手作業で駆除しなければな
   らないので大変です。また、虫に食べられる以前に収穫する為、大きく成長させる事が出来ない事があ
   ります。

Q.夢や目標は?

A.これからも、安全・安心な農作物の生産と環境保全を胸に刻み農業を続けていけるように
   頑張ります。

Q.消費者のみなさんへ

A.出荷物の外観(虫食い、形状等)や包装等に対する過剰なご要望は、ひいては、地球温暖化、
   値段の上昇や健康被害等を引きおこします。それらのご要望は最小限にお願いして頂きたいと
   おもっています。

生産者 べじたぶるぱーく(植田 歩さん 植田 絵美さん)

 

生産者
べじたふるぱーく(植田 歩さん 絵美さん)さん(能勢町)

主な取扱商品
ジャム ハーブソルト 加工品

Q.商品を作る上で気をつけている点はどんなところですか?

A.能勢の環境や文化に魅力を感じて移住してきたので里山の保全にも貢献できるよう、
   しっかりとした経営体制で持続可能な農業をしていくことが大事。

Q.加工品の魅力、喜びは?

A.加工することで、一時期しか採れない農産物も保存性が高くなって、お客様にまた違ったかたちで
   お届けできるようになります。もったいないをなくせることもうれしいですし、流通させやすいことで、
   可能性がぐっと広がるように思います。

Q.苦労されることは?

A.農産物の栽培から加工、販売まで全て行うので仕事の幅がひろいのが大変です。

Q.夢や目標は?

A.「野菜で世界を愉快に」というのがべじたぶるぱーくの理念みたいなものです。大阪能勢から里山
   の魅力を発信していきたいです

Q.消費者のみなさんへ

A.農産物を育てる人たち、加工して販売する人たち、美味しい農産物や豊かな自然を求める人たち、
   それに里山の自然や生物、みんながハッピーになれる仕組みを、能勢の自然を活かしてつくりあげて
   いきたいです。

生産者 田尻生活改善グループ 加工部さん

生産者
田尻生活改善グループ 加工部さん(能勢町)

主な取扱商品
柚子シロップ 柚子ジャム 糀 花まめ 味噌 その他加工品

Q.商品作りでのこだわりはどんなところですか?

A.お子様にも安心して食べていただけるように、合成着色料や化学調味料は一切使用せず、
   安心・安全にこだわっています。

Q.加工品を作る上での魅力、喜びは?

A.お客様から美味しいと言ってもらえることや、リピーターで商品を購入してくださる方が
   いることが嬉しいです。

Q.苦労されることは?

A.11月の柚子の収穫時には2日間で約200kgの柚子の選別を行います。一つ一つ表面の
   斑点を丁寧に取り除き、果汁を絞ります。能勢町田尻地域の冬はとても寒くなるので、
   寒い中行うこの作業はとっても大変です。

Q.夢や目標は?

A.「みんなで話す場所を作りたい!」との思いから、能勢町にある田尻農産「よっといで田尻」の直売所の
   奥で喫茶を営業しております。注文ごとに豆を挽くコーヒーは絶品です。この喫茶が憩いの場となり、
   今後も地域の活性化を担ってくれたら嬉しいです。

Q.消費者のみなさんへ

A.柚子ジャムに使う柚子はメンバーが大切に育てた柚子を使用しています。ジャムを製造する際も合成保存料や
   化学調味料は使用せず、原材料は柚子と砂糖のみです。是非、一度お試しください。

1 2 3 27