Author Archives: ja_hokubu

(シルク21)4月7日 は種・緑化苗


2

前回に引き続き、能勢ライスセンターでの作業工程です。今回は、苗箱に籾種をまく「は種」という作業と、その苗箱を「出芽室(しゅつがむろ)」と呼ばれる湿度の高い部屋で、2日間かけて芽を出させて(出芽)、「緑化室」で5日程度日光に慣らして、きれいな緑色の苗に仕上げるまでの作業工程です。一切の無駄が無いまでに効率化された機械作業に驚かされますよ。では見ていきましょう。


2

① 水を吸わせた種籾の袋をのお湯につけ、発芽をそろえます。

まず前回塩水選・温湯消毒が終わって、水につけて(浸種:しんしゅ)たっぷりと水を吸わせた種籾の袋を28℃のお湯につけます。水に浸けるだけでも種籾は発芽するのですが、一定の温度をかけていっせいに目を覚まさせるための作業です。種まきの際に発芽をそろえて均一な苗を作るためのひと手間なんです。


2

ちょっと作業場全体を見てみましょう。全体を写すとこのような写真になります。


2

② 何も入っていない苗箱をラインに流し、作業開始です。

苗箱がラインに乗り流れていきます。


2

② 何も入っていない苗箱をラインに流し、作業開始です。

この苗箱は2階で補充され、エレベーターで下に降ろされます。


2

③ 苗箱に土を敷きます。

ラインで運ばれてきた苗箱に床土(JA大阪北部では宇部培土)を敷き、カビ等を予防する農薬を混ぜた水をかけていきます。左と右とでは土の色が違いますよね。


2

③ 苗箱に土を敷きます。

ちなみに土の補充は、このように行います。すごい重量(1袋1,000kg)なので床に作ったホッパーに入れて昇降機という装置を使って2階に運び上げて床土と覆土のタンクへ詰め込んでいます。


2

④ 種籾を播きます。

敷かれた土の上に種籾を播きます。均等に播かれていますね。


2

⑤ 種籾の上から土を被せ、ライン作業は終了です。

さらにその上から覆土(床土と同じ土です)をかぶせます。隙間なく覆土できていますね。


2

⑤ 種籾の上から土を被せ、ライン作業は終了です。

出来上がった苗箱は整然と育苗用台車の棚に積み込まれます。この赤い台車で80箱積み込まれます。1日稼動で40台すなわち3,200枚もの苗箱を仕上げていきます。


2

⑥ 出芽室に運びます。

台車が苗箱でいっぱいになったら、「出芽室」に運びます。水蒸気のちからで一定の温度(29℃)と湿度(90~100%)を保ったこの部屋で2日間かけて出芽させます。


2

⑥ 出芽室の仕組みです。

この水蒸気は、室内の溝に水を溜め、水中のパイプにボイラーから送られた熱湯を通すことで、水を温めて発生させています。


2

⑦ 緑化室で出荷を待ちます。

その後「緑化室」で5日間管理し、農家さんへ引き渡されます。今回は「緑化室」に入って4日目の苗です。きれいに生えそろい、若々しい緑色をしていますね。


2

ちなみにこの苗は「緑化苗」と言い、田植えまでの約3週間農家さんが自分で管理します。このほかにも「硬化苗」と言って、田植えが出来る状態までJAが管理を続けて、農家さんにお届けしている苗もあります。


2

いかがでしたか。種まき作業の大半は機械化され省力化されてはいますが、ラインが動き出すまでの細かい調整や、稼働中の資材の補填など大事なところは、人の手によって確実に行われていました。


2

長い冬も終わっていよいよ、本格的な田んぼのシーズンが近づいてきたなぁと実感しました。

(シルク21)4月20日 畦塗り


2

久しぶりの実習田です。今日は畦塗り(あぜぬり)の作業です。畦塗りとは、田んぼの土を側面に塗り付けて固め、水が漏れないようにする作業です。水が漏れてしまうと、せっかくの肥料なども逃げてしまいますからね。
では早速見ていきましょう。その名の通り畦塗り機をトラクターに装着して準備完了です。


2

畦塗り機に近づいてみましょう。前方部分の爪で土を細かく砕き、後方部分が回転し土を固めていますね。この時に土のかたまりが大きければ、隙間ができてしまいきれいな畦塗りができません。土の状態を見極めながら慎重に作業します。


2

この土地が・・・


2

こうなります。


2

近くに行ってみましょう。きれいに畦塗りが出来ていますね。本格的な作業のその前に着々と準備が出来てきています。

(シルク21)4月24日 耕起


2

今日は実習田で耕起(田起こし)の作業です。元肥を播き、肥料とともに鋤き込んでいきます。トラクターの後ろにロータリーを装着し、耕起と砕土、整地を同時に行います。今回から新入職員も指導を受けながら頑張っています。


2

耕起の作業では、耕す深さが均一であることも大切です。田植えが終わった後の水の管理に影響しますからね。

(シルク21)4月28日 硬化苗


2

本日は、能勢町平野にあるビニールハウスへやってきました。前回勉強した「緑化苗」ではなく「硬化苗」を作る工程を見ていきましょう。出芽室って覚えていますか?2日間高温加湿の部屋で出芽を促す部屋です。その後「緑化苗」は緑化室で5日間育てられ農家さんのもとへ届けられますが、「硬化苗」はどうでしょう。


2

① 苗箱をビニールハウスへ運び込みます。

まず、出芽室でしっかり発芽した苗箱を、ビニールハウスの中へ運び込みます。まだ白く弱々しい感じがします。


2

② 苗箱を並べます。

きれいに並べ終わったら、たっぷり水を与えます。


2

③ 上から白いシートをかぶせます。

その後、上から白いシートをかぶせていきます。このシートは健苗シートと言い、この状態で約10日間置きます。


2

質問① 日光が当たらなくても苗は成長できるの?

シートを被せてしまったら日光が当たらないじゃないかと思われるでしょうが、完全な遮光ではありません。まだ弱い苗に、強い光を直接当ててしまうと日焼けしてしまいますので、徐々に緑化させていくわけです。他にも、夜間の保温の役割などもあります。


2

質問② シートをめくらないといけないから、水やりが大変そう。

実はこの10日間水やりの必要はありません。前回苗箱に敷いた土(宇部培土)の保水力と、健苗シートによって水分の蒸発を防ぐためです。


2

④ 出荷の工夫。

出荷日から逆算して、この工程を時間差をつけて行っていきます。


2

⑤気になる健苗シートの中。

特別に健苗シートを被せて約1週間の苗を見せてもらいました。若々しい緑と驚くくらいの柔らかさです。


2

⑥ 硬化苗へ

10日経ち健苗シートを外したら、今までぬくぬく暖かいところで育った苗は突然の外気にさらされます。このままではいけないと、苗は根を張り、葉を硬く丈夫にしていきます。これが「硬化苗」です。


2

こうして、健苗シートを外し農家さんに届けられるまでJAで管理し、いつでも田植が出来る状態まで成長させます。日中の気温も上がり、耕起や畔塗りなど田んぼの準備も整ってきました。次回は田んぼに水を入れ、田植の準備を行う「代かき」の作業です。

(天日干し)1月9日 耕起


2

稲刈り、籾摺りが終わってさあ春まで休憩・・・とはいきません。収穫が終わった時点から次の作付けが始まっていますよ。今日は耕起の作業です。


2

作業はトラクターで行います。土をくだいて、空気を入れて乾燥させ有機体の窒素分を無機化させる効果があります。これを乾土効果と呼びます。春の代掻きまでに1~2回耕起を行います。


2

この時期の耕起はこうして大き目の土のかたまりになるよう荒く耕します。あまり早い時期から土を細かくしてしまうと、土の中に空気が入らず窒息状態になってしまうので注意が必要です。


2

ご覧ください。きれいに耕し終わりましたね。本格的な作業が開始されるのはまだまだ先ですが「土作り」にはこうして時間と手間がかかるんですね。

(天日干し)1月17日 雪景色


2

先日降った大雪で一面銀世界です。春はまだまだ先ですが、この景色を見ると美味しいお米ができるのもうなずけますね。

(天日干し)4月20日 畦塗り


2

久しぶりの実習田です。今日は畦塗り(あぜぬり)の作業です。畦塗りとは、田んぼの土を側面に塗り付けて固め、水が漏れないようにする作業です。水が漏れてしまうと、せっかくの肥料なども逃げてしまいますからね。
では早速見ていきましょう。その名の通り畦塗り機をトラクターに装着して準備完了です。


2

畦塗り機に近づいてみましょう。前方部分の爪で土を細かく砕き、後方部分が回転し土を固めていますね。この時に土のかたまりが大きければ、隙間ができてしまいきれいな畦塗りができません。土の状態を見極めながら慎重に作業します。


2

この土地が・・・


2

こうなります。


2

近くに行ってみましょう。きれいに畦塗りが出来ていますね。本格的な作業のその前に着々と準備が出来てきています。

(天日干し)4月24日 耕起


2

今日は実習田で耕起(田起こし)の作業です。元肥を播き、肥料とともに鋤き込んでいきます。トラクターの後ろにロータリーを装着し、耕起と砕土、整地を同時に行います。今回から新入職員も指導を受けながら頑張っています。


2

耕起の作業では、耕す深さが均一であることも大切です。田植えが終わった後の水の管理に影響しますからね。

(天日干し)4月28日 硬化苗


2

本日は、能勢町平野にあるビニールハウスへやってきました。前回勉強した「緑化苗」ではなく「硬化苗」を作る工程を見ていきましょう。出芽室って覚えていますか?2日間高温加湿の部屋で出芽を促す部屋です。その後「緑化苗」は緑化室で5日間育てられ農家さんのもとへ届けられますが、「硬化苗」はどうでしょう。


2

① 苗箱をビニールハウスへ運び込みます。

まず、出芽室でしっかり発芽した苗箱を、ビニールハウスの中へ運び込みます。まだ白く弱々しい感じがします。


2

② 苗箱を並べます。

きれいに並べ終わったら、たっぷり水を与えます。


2

③ 上から白いシートをかぶせます。

その後、上から白いシートをかぶせていきます。このシートは健苗シートと言い、この状態で約10日間置きます。


2

質問① 日光が当たらなくても苗は成長できるの?

シートを被せてしまったら日光が当たらないじゃないかと思われるでしょうが、完全な遮光ではありません。まだ弱い苗に、強い光を直接当ててしまうと日焼けしてしまいますので、徐々に緑化させていくわけです。他にも、夜間の保温の役割などもあります。


2

質問② シートをめくらないといけないから、水やりが大変そう。

実はこの10日間水やりの必要はありません。前回苗箱に敷いた土(宇部培土)の保水力と、健苗シートによって水分の蒸発を防ぐためです。


2

④ 出荷の工夫。

出荷日から逆算して、この工程を時間差をつけて行っていきます。


2

⑤気になる健苗シートの中。

特別に健苗シートを被せて約1週間の苗を見せてもらいました。若々しい緑と驚くくらいの柔らかさです。


2

⑥ 硬化苗へ

10日経ち健苗シートを外したら、今までぬくぬく暖かいところで育った苗は突然の外気にさらされます。このままではいけないと、苗は根を張り、葉を硬く丈夫にしていきます。これが「硬化苗」です。


2

こうして、健苗シートを外し農家さんに届けられるまでJAで管理し、いつでも田植が出来る状態まで成長させます。日中の気温も上がり、耕起や畔塗りなど田んぼの準備も整ってきました。次回は田んぼに水を入れ、田植の準備を行う「代かき」の作業です。
1 11 12 13 14