Author Archives: ja_hokubu

生産者 小笠原忠興さん 徳枝さん 荒木靖枝さん

生産者 小笠原忠興さん 徳枝さん 荒木靖枝さん(池田市)   主な取扱商品
玉葱 ジャガイモ サツマイモ クルミ 果物
Q.栽培で気をつけている点はどんなところですか? A.原始的な方法で環境に配慮した自然農法栽培をすること。農薬や化学肥料等は使わず、    落ち葉や野菜くずなどを2年程寝かせた自家製堆肥や井戸水を使った安全・安心で    環境に良い農産物を栽培しています。 Q.農業の魅力、喜びは? A.お客様に「自然農法で栽培されたここの野菜は美味しい。農薬や化学肥料を使っていない    ので、子どもに安心して食べさせられる」と言われた時は嬉しかったです。 Q.苦労されることは? A.自然農法で大変なことは病害虫の防除です。発芽した芽を食べてしまう虫などにより野菜が    成長しなかったり、成長過程での虫の食害があったりします。その為、虫を手作業で駆除しなければな    らないので大変です。また、虫に食べられる以前に収穫する為、大きく成長させる事が出来ない事があ    ります。 Q.夢や目標は? A.これからも、安全・安心な農作物の生産と環境保全を胸に刻み農業を続けていけるように    頑張ります。 Q.消費者のみなさんへ A.出荷物の外観(虫食い、形状等)や包装等に対する過剰なご要望は、ひいては、地球温暖化、    値段の上昇や健康被害等を引きおこします。それらのご要望は最小限にお願いして頂きたいと    おもっています。

生産者 べじたぶるぱーく(植田 歩さん 植田 絵美さん)

 
生産者 べじたふるぱーく(植田 歩さん 絵美さん)さん(能勢町) 主な取扱商品
ジャム ハーブソルト 加工品
Q.商品を作る上で気をつけている点はどんなところですか? A.能勢の環境や文化に魅力を感じて移住してきたので里山の保全にも貢献できるよう、    しっかりとした経営体制で持続可能な農業をしていくことが大事。 Q.加工品の魅力、喜びは? A.加工することで、一時期しか採れない農産物も保存性が高くなって、お客様にまた違ったかたちで    お届けできるようになります。もったいないをなくせることもうれしいですし、流通させやすいことで、    可能性がぐっと広がるように思います。 Q.苦労されることは? A.農産物の栽培から加工、販売まで全て行うので仕事の幅がひろいのが大変です。 Q.夢や目標は? A.「野菜で世界を愉快に」というのがべじたぶるぱーくの理念みたいなものです。大阪能勢から里山    の魅力を発信していきたいです Q.消費者のみなさんへ A.農産物を育てる人たち、加工して販売する人たち、美味しい農産物や豊かな自然を求める人たち、    それに里山の自然や生物、みんながハッピーになれる仕組みを、能勢の自然を活かしてつくりあげて    いきたいです。

生長記録⑤

新年あけましておめでとうございます。いよいよ新しい年が始まりました。2020年も変わらず高山真菜の様子を収穫までしっかりとお伝えさせていただきます。 早速、確認を行いたいと思います。前回確認してからは18日が経過し、どれほど大きくなっているか楽しみです。
前日までの雨の影響で圃場内に水溜りができていました。前回までは畝ごとに多少の生育差がありましたが今回確認したところ、生育差はほとんど無くなっていました。
大きいもので20cm以上に生長している葉もあり順調に生長しています。今冬は例年より暖かいので、立派な高山真菜の収穫に期待できそうです。

追肥②

今晩から雨が降る予報なので、雨が降る前に追肥作業を行いました。雨が降る前に作業を行うのは効率が良く生長を促す役割があります。
最近は冷え込む日が続いていましたが、明日からの雨で気温が少し高くなるようなので雨と肥料と気温をうまく味方につけて大きく生長して欲しいですね。
 

生長記録⑨

前回確認を行ってから17日が経過しました。今回もしっかりと確認をしたいと思います。
最近は、寒い日が続いたり、暖かい日が続いたりしていますが、少しずつ春に近づいてきました。限られた暖かい日に生長しているのか、前回確認した時よりもさらに大きく生長していました。
収穫まで残り数週間となりました。収穫までしっかりと栄養分を吸収して栄養のある美味しい高山真菜に育ってほしいですね。

生長記録⑩

いよいよ収穫日が近づいてきました。今回は収穫前に確認をして収穫の準備を行いたいと思います。
暖かい日が続いていましたが急に寒くなってしまいました。本日は雨予報でしたが高山へ向かうとなんと雪が降っていました。3月前半が終わり少しずつ春の訪れを感じていましたがまた冬に戻ってしまいました。
雪が積もっていても高山真菜はとても元気でした。また暖かい日が戻ってくるようなので、そのまま春が来て欲しいです。

収穫

今回は大切に育ててきた高山真菜の収穫日となりました。本来であれば会員の皆様と収穫を行う予定でしたが、感染症対策のため事務局メンバーのみで収穫をさせていただきました。
天候にも恵まれ絶好の収穫日和となりました。皆様で播種を行った高山真菜は全て大きく育っておりとても良い状態で収穫する事ができました。
10月に播種を行い約半年が経ち、ようやく収穫をする事ができました。収穫までの間に様々な出来事がありましたが無事に終える事ができました。今回の収穫をもって本年度のサポーターズ俱楽部の活動は終了となりますが、また結成させて頂く際は現在会員の皆様、ホームページをご覧いただいている方々、皆様のご応募をお待ちしております。
1 2 3 13