Author Archives: ja_hokubu

おとなの食育 NO.26

「自然の豊かさ」が「人間の豊かさ」

自然が豊かでなければ 人間は豊かになれない

 
自然と共に生きるために

今年は東京2020オリンピック・パラリンピックで希望あふれる幕開け。それが青天の霹靂、見えないウイルス感染の猛威に阻まれ、聖火は風前の灯火。開催の可能性も予測不能。想定外、思いもよらぬ災禍が蔓延する世界規模の緊急事態。天災・人災、とき・ところかまわず、未曾有の天変地異は、必ず起こりうるという覚悟で生き延びるしかない。
 確かに自身も常々「諸行無常」をよすがとしているものの、ここまで過酷な現実に直面し、為す術もないのは茫然自失、希望は絶望に一変する。そんな危機感を思い知らされた一年でした。また磐石かと思われた長期政権も道半ばで幕切れ。ただ新らたな指針で、温室ガスを2050年までに実質ゼロの脱炭素・グリーン社会を目標とし、国連では「核兵器禁止条約」が50カ国の批准に達し、来年1月の発効が決定。それらは「日本創生」に向けて、一縷の望みをつなぐ年の瀬となりそうです。
 1970年以降、この50年間で野生動物の個体数が3分の2以上減少。しかも毎年推定100万種が絶滅の危機にさらされている。人類の繁栄の裏で、自然の豊かさが著しく喪失していることを、ため息まじりで眺めていてよいものか。この地球自然の豊かさを護り継ぐことによってのみ、人はほんとうの豊かさを享受できます。他者に与えることで、自らの生命を護る「生物の共生原理」に真摯に向き合うべきでは。「自然との共生」こそ人類の努め(=生命のテーマ)ですから。
 
心の安らかに新たな時代を創生

昨年末(12月号)から新年号で「養生訓」を取り上げてから、早や一年。いま新たな日常となった「新しい生活様式」とは、まるで“心気を養う”「養生訓」の生活様式そのものです。「時宜(じぎ)にかなひ、事変に随(した)がふ」という自然な生活態度が今ほど大切なときはなく、これからも時代を超えて受け継がれていくものと信じられます。
 また新しい医学的知見も取り入れながら、益軒先生の未病を防ぐ食養生こそ、人々の規範となる「新しい『食』生活様式」といえるのではないかと思われます。“養生すること”とは、「天地自然の原理」から「みずからを知る」ことから始まります。自分自身を知ることと、「心の安らぎ」から「体の安らぎ」を養生して得られる「心の楽しみと健康長命」。そのために何を、どう行い、食し生きることが正しいのか、“温故知新”と“夢と希望”で「新たな時代の創生」を実現したいものです。
 

〈文責〉コピーライター 小山寅哉

自然と共に生きるために、自然のものを食す。
いのちの根源は一粒一粒に蓄えられた太陽エネルギー。
ごはんの国の豊かな食べ物に感謝して…

令和元年度 サポーターズ倶楽部の活動報告

《令和元年度 サポーターズ倶楽部の活動報告》

2020年03月21日(土) 収穫
2020年03月16日(月) 生長記録⑩
2020年03月05日(木) 生長記録⑨
2020年02月17日(月) 生長記録⑧
2020年02月12日(水) 追肥②
2020年02月06日(木) 生長記録⑦
2020年01月24日(金) 生長記録⑥
2020年01月10日(金) 生長記録⑤
2019年12月23日(月) 生長記録④
2019年12月10日(火) 生長記録③
2019年11月29日(金) 生長記録②
2019年11月18日(月) 追肥①
2019年11月08日(金) 生長記録①
2019年10月30日(水) 発芽
2019年10月19日(土) 播種

成長記録① 発芽

小雨が降る中サポーターの皆さんと播種をしてから9日が経った頃、圃場の様子を見て来ました。 圃場に入るまでは土の色しか見えませんでしたが、近づいてみるとあたり一面にとても小さな双葉が顔を出していました。これからどんな風に育っていくのか、生長が楽しみですね。

播種

今年で4年目を迎える「高山真菜サポーターズ俱楽部」は、当JA管内で伝統を守りながら栽培され、「なにわの伝統野菜」に指定されている特産品“高山真菜”の栽培農家を、地域住民とともに応援するために発足されたグループです。
 JA大阪北部では、「高山真菜サポーターズ俱楽部」第1回目の活動として播種を行いました。当初10月10日(土)に行う予定でしたが、台風接近のため17日(土)に延期となりました。当日もあいにくの雨でしたが、14名が参加され、バスで高山コミュニティセンターへ移動し、前回に引き続き自家採種で種子をご用意いただいた髙木武士さんから、高山地域のこと、高山真菜のことについて学びました。

その後、圃場に移動して播種を行いました。
畝立ても行う予定でしたが、雨のため播種のみの作業となりました。

播種作業終了後は高山コミュニティセンターにて、日本の農業についての説明を行いました。

この日に播種をした高山真菜の生育状況は、随時HPでの公開と併せて、サポーター会員の皆さんには「高山真菜通信」の発行を予定しています。3月頃には会員の皆さんと収穫を行い、一緒にPRを図り、地産地消の理解と消費拡大に向けて取り組んでまいります。

おとなの食育 NO.25

「腸内細菌」から創造したい「自然との共生」

 
生命誕生の母はバクテリア

この地球を宿主にするものとして、襟を正しておきたいことがあります。およそ46億年前に太陽や地球が誕生。地球に海が形成され原始生命が誕生したのは38億年前。哺乳類の誕生は2億5千万年前。遥かに下って1700万年前に大型の猿が出現し、直立2足歩行を始めたのは約700万年前。実はこの星の一番最後の新参者がヒトであって、生態系の頂点に君臨するなどと有頂天になっている場合ではないということです。

30億年前、地球に最初に現れた「シアノバクテリア」という細菌が話題に。酸素発生を伴う光合成細菌で、これによって地球上に初めて酸素と有機物が供給され、現在につながる生態系の基礎が築かれたということ。地球には未知のものも含めると3000万種もの生物がいるとされ、これらを育んだいわば生態系の原点であり、生命の母ともいえるのがこのシアノバクテリア(藍色細菌/藍藻)。乳酸菌や大腸菌とも近縁で、ヒトの腸内にも共生し、その仲間は高級食材や健康食品として市販されていたり、窒素固定能の性質から、水田の有機肥料にも用いられているとか。

 
「食物=生物多様性」とホメオスタシス

いかがでしょう、細菌に親近感を覚えませんか?反面、人類の輝ける近代文明は、急激な環境破壊や地球温暖化、異常気象による自然災害や人災ともいえるコロナ禍を招き、レッドリスト(絶滅危惧種)の急増で、生物多様性が危ぶまれています。まさに地球自体の恒常性すら脅かしかねない事態。「天地同根 万物一体」という禅語がありますが、天然資源を食いつぶすだけのこの文明は、いよいよリセットすべきときに直面しているようです。今こそ「自然との共生」を追究し、与えて得る「共存共生」の「生物学的文明論」※1を深化させることが不可欠ではないでしょうか。

新しい生活様式から創造すべきことは、「自然と共生する文明」であり、それは今を生きる私たちに委ねられています。ヒトが絶滅危惧種にならないように、今はとにかく生命力=免疫力を蓄えること!免疫のホメオスタシス(生体恒常性)を高める=「腸内共生菌を育む」ため、梅干、納豆、味噌、漬物、乳酸菌をせっせと摂取!「マゴコワヤサシイ」※2に「五色の食材」と「五味の食効」※3を抜かりなくいただく。質素な和食には「医食同源」の薬膳の知恵が込められています。五目飯、五目ずし、五目そば、五目豆。生物多様性の大事は「食物多様性」の大事。ヒトは天地万物と同源なのです。

※1「生物学的文明論」本川達雄(新潮新書)
※2「マゴコワヤサシイ」マメ、ゴマ、コメ、ワカメ(海藻類)、ヤサイ、サカナ、シイタケ(キノコ類)、イモ。【8月号/おとなの食育(NO.24)】
※3「五色の食材」【4月号/おとなの食育(NO.22)】「五味の食効」【6月号/おとなの食育(NO.23)】参照

 

〈文責〉コピーライター 小山寅哉

「表紙のごはん」食物多様性で免疫力を高める薬膳サムゲタン

1 2 3 4 5 18