Author Archives: ja_hokubu

おとなの食育 NO.3

「食」で何が育まれるの?

 

「食育」の語源

「小児には徳育・知育・体育よりも食育が先」と説き、「食育」という言葉を世に知らしめたのは、100年前の明治。漱石以前の大ベストセラー『食道楽』(村井弦斎著)とされます。新聞連載されたこの小説は、タイトルから連想する美食礼賛のような内容ではなく、食への関心を深め、近代的な「食生活改善」を勧めるおとなの食育小説でした。但し「食育」という造語は陸軍薬剤監の石塚左玄が最初(『化学的食養長寿論』1896年)。日本の食養医学の祖として知られますが、これは難解な医学専門書で、「食育」を広く認知させたのは『食道楽』の功績だとか。(「食育のススメ」黒岩比佐子/文藝春秋)

戦後、食の欧米化が進み70年代スーパー・コンビニ、ファーストフード、ファミレスが急増。家庭での伝統的な「食の風景」が激変する。90年代若年肥満や、生活習慣病、食の乱れが〝キレやすい子ども〞に関連づけられ、偏食、孤食(個食)、過食(拒食)症から、BSE、鳥インフルエンザ、食品表示偽装、農薬・添加物など食の安全への不安がつのり、業を煮やしての法制化が「食育基本法」(2005年)。これでにわかに「食育」が注目の的に。(2008年『広辞苑』にも登場)

 

だからおとなの食育

食生活事情の歪みの原因には、国の食料・農業政策等が影響するものの、〝よりおいしく・安く・便利に〞という消費者の〝わがままニーズ〞が、食の市場を形成する事実。食問題が厄介なのは、情報が絡み合い、偏食や飽食が引き起こす弊害に歯止めがきかないこと。加えて安全・健康志向の異様さ、消費者自身が何を選び、何を食べたらいいのか混乱をきたし、健全な食の在り方が不透明。世界無形文化遺産に登録(2013年)された「和食」のはずが、もはや伝統食文化は家族の分裂と共に途絶えたかの様相です。

こどもの食育は、もちろん大事。だけど「おとなの食育」こそ、今ほど切羽詰まった時はない。おとなが今、まともな食生活を子孫に伝えなければ、まともなこどもの成長は覚束なく。おとながきっちり〝食の大事〞を認識し、〝正しい食の有り様〞を引き継がなければ、まっとうな家族・地域・社会の存続すら危ぶまれます。

 

信じられる食の日常

では「おとなの食育」で何を学び、どのように実を育むか。食の未来を耕す「農」だけでも、減反、減農薬・有機、遺伝子組換え、後継者不足、耕作放棄地、里山保全、限界集落、自給率、TPPまで難問が山積みのまま。漁業・養殖、畜産・食品加工、添加物にも注意を払いつつ、介護・医療、健康寿命、地球環境、いのちの教育等々「食育」に関わるさまざまと、どう向き合いながら日常性を正すべきか、目眩すら覚えるほど諸説入り乱れ複雑怪奇。

日々の食生活で健全な食材をどんな基準で選び、どう料理して食すればいいの?はてまた健康を育む養生食とは?正しそうな答えも山ほどあって「10人10食」。でもそこが重要なポイントで、いかに「自分の信じられる食」で家族の心身を養うか。せめてそこに至るまでの道筋をこじ開けようと始めた「おとなの食育」。食の問題は一筋縄では行かず、どうかそのつもりでお付き合いのほどを。

〈文責〉コピーライター 小山寅哉

おとなの食育 NO.2

「人生最期に何を食べたいですか」

 

コメの国の行く末は

小説家で劇作家であった井上ひさし氏は「コメのはなし」で農政や国のコメ政策に対し、これでもかとペンでくさびを打ち続けた。コメ問題こそ農業問題の核、日本文化の礎であり、これからもそれは変わらないし、変えてはならないと訴えた。弥生以前2000年以上も前から食べ続け、日本人の主食でありアイデンティティであったものが、わずか70年ほどの間に、副食の一部に過ぎないほど激減。(昭和30年頃の消費量120㎏から現在は60㎏程に半減)

これほど短期間に自国のたべものを激変させた国は他に例を見ない。一方的な減反政策が耕作放棄地を増やし、農村から都市に人口集中した結果、里山の原風景が廃れ、先進国中最低(40%)にまで食料自給率を下げてきた。(コメとサツマイモだけは100%前後)

その分、先進国中最大の食料輸入国となって、60%は世界中からたべものを買いあさり。余剰の食料や廃棄する食品の量も、世界最大(年間約2000万トン以上)。そもそも農を放棄して国家は成り立つはずがなく。先進国の多くは、ほぼ100%前後またはそれ以上の自給率を確保している。

自給自足とまでは行かずとも、国が掲げる自給率目標を70%くらいまで引き上げようと、“地産地消“の推進などで農政を盛り上げ、元気な農業を推進しようとする姿勢は、大いに称賛に値するがー単なるスローガンに終わらせず、地に足のついた「農政と人づくり」は今こそ本腰を入れるべき正念場。もはやこの国の食文化は、“一握りのコメ食文化”に変貌しているのだからー

 

ごはんの国のたべものは

炊きたてごはんと一汁一菜。しみじみ“日本人に生まれてよかった”と思える、今やそれがなにより飽きのこない贅沢な食事。ここ半世紀ばかりの急激な核家族化によって、食生活の手間ヒマ省く時短が求められ、たべものは買えば済む“食を軽視”する価値観が普通になってしまって。日本人は食を犠牲にしてまで、よほど大事な何かを追い続けてきたのか。経済的合理性こそ最高価値とばかり、古くさい価値観をかなぐり捨て、“豊かさやゆとり”といった夢をもがき求め、さてその果てに、いったい何を得てきたでしょう。

日本人に生まれ、日本人として生きてきた私たち。もし死に際に、食べたくなるものがあるとすれば、あなたはどんなたべものを選びますか?アツアツごはんと昔ながらの梅干、サケむすび、ゴマ塩にぎり、お茶漬けとお新香ーやっぱりごはんが第一。それはもう高齢者嗜好だから?では中年以前の世代だと、ステーキやハンバーグ、カレーやスパゲティ、コロッケ、ギョーザなどになりますか?

次代のこどもに伝えたい食育を考える時、おとなが自問自答する食育、それは「最期の食」をイメージすることから始めると分かりやすい。「あなた(自分)にとって、心から幸福感を味わえるたべものとは何ですか?」

いまに始まったことではなくて、ダイエットや健康食がブーム。健康の大元が食であり、食はいのちそのものだから。食を違えれば、人生を違え。食を変えれば、人生は変わる。いのちの最期のそのときまで“食の大事”を肝に銘じ「日々是食育」で精進したいもの。

〈文責〉コピーライター 小山寅哉

コメは穀物のなかでは最も栄養価が高く、人間に必要な8種類のアミノ酸がバランスよく含まれる。小麦のように粉食にする必要がなく、粒食のままやわらかくておいしく、消化吸収率は98%。また三大穀物(トウモロコシ、小麦、コメ)のなかで単位面積当たりの収穫量が最大。(「どうしてもコメの話」井上ひさし〈新潮文庫〉)

おとなの食育 NO.1

食べ方は 生き方

近年、保育園や小学校などで、食教育の一環として体験的な「食育」授業が定着しつつあるのは、はなはだ喜ばしいことです。私たちが食べるという意味は、他の動植物のいのちをいただいて、私たちのいのちを育むこと。だから「いただきます」「ごちそうさま」というのは、生き物のいのちに対する感謝が込められた、食育の根本となる言葉です。

私たちのいのちを守る食べもののこと、食物をつくる農業、作物を育む自然環境など、食の体系を体験的に学ぶことは、かつての教育にはなかったし、生きる上でとても大事。「良く生きるとは、良く食べること」人間一生続く問題であり、それが子孫にまで伝わる、まさに「食べ方は生き方」なのです。

 

「食育」が頻繁に囁かれるようになった背景には2005年(平成17年)に成立した「食育基本法」があります。こどもの知育・体育・徳育の基礎に「食育」を位置付けています。詳細はさておき、現実的には家庭の躾で、どこまでこどもたちに「食の大事」を伝えられるか…日常の食を通じていかに伝えるか、こどもに教えるべき立場の「おとなの食育」が先決ではないでしょうか。

残念ながら、核家族化に至った今世代のおとなたちには、すでに祖母の代からの古き良き食べものの伝承は消えつつあります。逆に飽食、個食、偏食、過食、拒食やキレるこどもなど、食が遠因と見られる諸症状、さらに食品添加物や不当表示、偽装問題など、食の不安は消えそうもありません。

 

いのちの食 こころの食

基本法がこう定めているからと、何も栄養学的な食事指南に従順になることもありません。普段の生活の中から、こどもに“食の心”を伝える糸口を見出し、家族の毎食を心身共に豊かにできるかを優先すべきです。

私たちの骨肉をつくるだけでなく、心をつくるのが「食」。だからこそ食のまわりの現実、正しい食べものの選択肢や食べ方をしっかりと養う。正しく食べるための知恵を身につけることは、すなわち良く生きること。まっとうで健全な食こそが、真の人づくり、国づくりの土台となるはずですから。

 

食を考える上で忘れてはならないキーワード、それは「いのち」。いのちある食べものが、私たちのいのちを支える。手間いらずの便利さだけで食卓に浸透した、膨大な加工食品、インスタント、レトルト、総菜類など。添加物など気にせず、空腹を満たすだけの安易な食品だけでは、心身がいずれ悲鳴をあげて病すら招いてしまう。そういう残念な結果に至らないよう、みんなが健やかに生きる上で“毎日毎食が食育時間”だと、意識することでしょう。

これは私自身の考え方ですが「教育」は「共育」、「育児」は「育自」の視点で「食」を見つめ、食習慣を正すことによって、“こころ豊かな食生活”が生まれると信じています。日々、より良い食生活を育むヒントを探りながら、共に「おとなの食育」を学び続けたいものです。

〈文責〉コピーライター 小山寅哉

⑭麻田朝市


JA大阪北部 麻田支店駐車場
(豊中市蛍池中町1-4-30)

毎月20日
9:30~(売り切れ次第終了)

ローン・年金相談会

開催時間:午前9時~午後3時(ご予約不要)
開催月 開催日 開催支店
 3月  9日(火) 豊川支店
10日(水) 細河支店 池田支店
11日(木) 庄内支店
12日(金) 小曽根支店
16日(火) 東郷支店
17日(水) 能勢支店 南豊島支店 服部穂積支店
18日(木) 萱野支店 箕面支店 櫻井谷支店 麻田支店
19日(金) 豊能支店
平日も各支店にて随時ご相談を受付けております!この機会に、最寄りの支店へお気軽にご相談ください。
ご予約をいただかなくてもご相談を受付けておりますが、混み合う場合がございますので、事前のご予約をおすすめします。

《各種ローンのご案内》

JA住宅ローン

マイホームをお考えなら、ぜひJA大阪北部におまかせください!

JA三大疾病保障付住宅ローン サポート3

三大疾病により、所定の状態と診断されたら、住宅ローン残高が0円に!

JAリフォームローン

住宅の増改築・補修、住宅関連設備資金等、リフォーム資金をお考えの方に!

JAマイカーローン

自動車・バイクの購入(中古車を含む、但し営業用車両は除く)、免許取得費、車検費用に!

JA農機ハウスローン

農業用自動車の購入、農機具の購入、パイプハウスの建設・資材の購入、農業に関連する倉庫・物置の建設に!


★開催時間:午前10時~午後4時
完全予約制
★社会保険労務士による個別相談

今年度の年金相談会はすべて終了しましたが、個別のご相談は随時承っておりますので、お近くの支店までお問い合わせください。

年金請求書・年金手帳・基礎年金番号通知書・ねんきん定期便・印鑑、その他年金に関する資料をご持参いただくとより具体的にご相談いただけます。
お一人さまのご相談時間は約30分程度でございます。
1 15 16 17 18