野菜の栽培出前授業

7月中旬、栽培中の夏野菜が収穫時期を迎え、各小学校で採れたての野菜を使ってピザやパスタの調理実習を行いました。

 

 
生地の上にケチャップを塗り、野菜をトッピング

 
オーブンで焼いて完成!!


出来立てのピザを食べた児童からは「自分で育てた採れたての野菜はおいしい~」「今度は家でも作ってみたい」という声があがっていました。
この調理実習をもって管内3校の1学期の夏野菜プランター栽培授業は修了となりますが、今後も管内の小学校と連携し、食農教育に力を注いでいきます。


 
6月27日 大きくて立派なナスがたくさんできていました。

 
こどもピーマンも前回の写真と見比べてみるとはっきりサイズがわかるようにかなり大きくなりました。


黄色のミニトマトも可愛らしく育っています。


 
6月1日 こどもピーマンも形がわかるようになってきました。

 
ミニトマトもたくさんできて、赤く色づきはじめています。


 
植え付けから22日後ぐんぐん伸びて、トマトは小さい実をつけています。


JA大阪北部では、4月末から豊中市、箕面市の小学校3校へ夏野菜の栽培出前授業を行いました。
1時間目は教室にて「農業と私たちのくらし」の教材本を活用した授業を行い、2時間目は苗の植え付けを行いました。
苗は、野菜の種類によって成長の違いを観察してもらおうと「トマト(中玉・ミニ)、ナス、こどもピーマン、バジル」の4種類を用意しました。

 
2人で1つのプランターを使い鹿沼土と野菜の土、肥料を入れて苗の植え付けをしました。

 
植え付け後、おいしい野菜の苗が虫に食べられないように不織布をかけています。